iPhone分析

iPhone分析

iPhoneとは?→日本で最も人気があるスマートフォン

iPhoneはアップルというアメリカの企業が開発したスマートフォンです。

 

アップルは、パソコンのマックや音楽プレイヤーのipodなどの商品販売で、
斬新なデザインや機能で人気が出ています。

 

アップルには日本でも多くのファンがおり、
新しい商品が販売される際はニュースや新聞で取り上げられています。

 

iPhoneのオリジナルのモデルは2007年に発売され、最新モデルは2013年に発売されています。
カラーや機能のバリエーションが豊かになっています。

 

当初、日本ではソフトバンクのみ販売が行われていましたが、
その後、AUやドコモも販売が行われています。
日本において最も人気があるスマートフォンです。

 

また、製造部品が一部、日本の企業や技術が使われています。
iPhoneが売れることで部品を納品している日本の企業の業績も上がっています。

 

現在は、googleが提供しているアンドロイドOSを搭載しているスマートフォンにシェアを奪われています。
しかし、iPhoneは操作性に関しては、誰にでも利用しやすいように設計されているので、老若男女問わず扱いやすくなっています。
また、日本での販売に関して、それぞれの携帯会社が様々なキャンペーンが行われています。

 

なぜこんなに人気なのか?
iPhoneが人気なのはデザイン性、操作性に優れ、バックアップが簡単

 

日本と世界の事情と市場シェアは?
スマートフォン市場において、iphoneの爆発的人気は高まる一方

スマートフォンとiPhoneの違い

iPhoneとスマートフォンは指でタッチして使う方法は同じで、
少し見ただけでは違いがわからないですが、違いはとても単純です。

 

iPhoneはスマートフォンの1機種で、アップル社からしか販売されてないです。

 

他には採用しているOSに違いがあり、スマートフォンはアンドロイドを使っていますが、
iPhoneはアップル社が作った専用のOSを使っています。

 

使えるアプリにも大きな違いがあり、
iPhoneでダウンロード出来るアプリはアップル社の厳しい審査に合格した物だけなので、
安全性がとても高く、おもしろい物ばかりです。

 

また、操作性にも違いがあり、アップル社はどの機種でも操作性を統一しているので、
買い替えても操作に慣れないという事が起きず、
シンプルな作りなので真ん中のボタンだけで全ての操作が行えます。

 

逆にスマートフォンは様々な会社から販売されているので、
ボタンの配置などが異なる事が多く、買い替えると少し手間取る可能性があります。

 

まとめると、
スマートフォンは自由度が高いOSを採用しているので機種ごとに個性がある物で、
iPhoneはアップル社のコンセプト通りに作られた物という事になります。

 

スマホの元祖であり、それ自体がステータスである。
スマホ先駆者としてのiPhone。ステータスにすらなりつつある